スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

岐阜県の関市をじっくり散策

連休もあまり休めなかったので、平日休暇を取って小旅行
以前から気になっている墨象作家 篠田桃紅さんの回顧展が
開催されている関市へ。

IMG_1607_convert_20130517014923.jpg

sinoda

今年3月で100歳を迎えた今も現役で書を描き続ける篠田桃紅
大胆で形に捕われない表現力、生命力に魅了されます。

kuukan_1_convert_20130517015738.jpg

images.jpeg

鍋屋バイテック会社関工園内の岐阜現代美術館では1950~1960
の作品を展示、関市立篠田桃紅美術空間では1990年以降の作品が
展示されていて2館をじっくり鑑賞、堪能しました。
岐阜現代美術館
関市立篠田桃紅美術空間

一緒した友人は、いろいろ包丁を使った中で、関の包丁が一番良く切れる
ことを実感し、刃物を購入することを目的にしていました。

美術館の後、関市刃物センターへ

いろいろ刃物を見ていると丁度、包丁研ぎ依頼のお客さんが来店
研ぎ方を見せていただくことに。

IMG_1608_convert_20130517015017.jpg

砥石に対して十円玉が入るくらいの隙間に倒して、押す時に力を入れ
引く時は研がない。研ぐ度に出る粉末で研げるので、水で流さない。
と解説しながら、手際良く研ぎ、切れ味抜群の包丁に生まれ変わりました。

日本の鋼はクオリティーが高く世界一とのこと。  
鋼も生きていて、時間の経過で段々靭く硬くなっていくので、世代を越えて
なが〜く使えるとのこと。 切れ味の良い包丁は料理も美味しくなりそう。

毎日使うものだから、踏ん張って良い包丁を購入したいと思い、お店の方に
お勧めの三徳包丁を聞いたところ、長尾包丁製作所の包丁を薦めてくれました。

長尾さんは、和鋼にこだわったとても腕の良い職人さんなのですが数日前に
廃業宣言をしたそうです。 これからは在庫限りとなり入手困難とのこと。

IMG_1634_convert_20130517015134.jpg

青紙スーパー鋼とは? と調べると鋼には、黄紙、白紙、青紙などあり、
それぞれ2号 1号 青紙が一番硬く耐久性にすぐれ、その中でもスーパー
が最高級とのこと。 だが、硬いので欠け易いデメリットも。
腕の良い鍛冶職人の手にかかれば白紙の方がグレードが上がるなど、刃物鋼
の面白さが見えてきます。

お昼の食事は鰻丼が名物とかで、創業150年の「うなぎの名代 辻屋」へ

IMG_1614_convert_20130517015223.jpg

IMG_1617_convert_20130517015258.jpg

老舗の雰囲気醸し出しています。 私たちの後からお客様が次々と見え
12時頃になると満席に。

IMG_1619_convert_20130517015345.jpg

ボリュームあるうな丼を食らう! 外はかりっと風味よく、中はふんわり
肉厚なうなぎだからこそ^^) 濃いめのタレも堅めのご飯にしみて美味しく
いただきました♪

お腹もふくれ午後はまったりとした気分で長良川へ移動し、関市円空館へ。
ナビは、「目的地に到着しましたお疲れさま〜」というものの
場所がわからない。。。

IMG_1626_convert_20130517015435.jpg

見つけたこの小道が円空館への導入路。

IMG_1628_convert_20130517015555.jpg

竹やぶを通り抜け、分かれ道に案内があり、左へ行くと円空館へ、右の竹やぶ
へ進むと円空のお墓。 風になびく笹の音の中、共にひっそりと佇んでいます。

ますます気持ちはまったり。いい気分。。。

IMG_1630_convert_20130517015637.jpg

コンクリートと木で出来た小ぶりな美術館で円空さんの仏を愛でる。

image_convert_20130517020215.jpg

荒削りながらもなんとも慈愛に満ちた良い表情。見とれます。
64歳で生涯を閉じるまで、なんと12万体余りの仏像を作ったという。

名古屋の荒子観音には千体仏があることを知り、次は公開日に見にいこう
と楽しみが繋がります。

関市への小旅行では、限界を超越した作品達から心地よい刺激を頂きました。

スポンサーサイト

2013.05.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 建物・ショップ探訪

«  | ホーム |  »

プロフィール

Liv設計工房

Author:Liv設計工房
http://www.liv-sekkei.com
愛知~関西をフィールドに
心地よい住まいづくりの
女性建築士 川口亜稀子
の日々を紹介しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。