FC2ブログ

鍾馗さん

武豊町並調査の仕事で出会った鍾馗(しょうき)さん
omoto.jpg
鬼瓦と一体になっていて、今思えばとても珍しい形だと思いますが、
気になって写真に収めました。
その後町調査を続けているとまたもや見つけた廃屋の屋根の上の鍾馗さん。
P1070998.jpg
刀が折れていて、建物を守りきれなかった無念さを感じます。
haiya.jpg

鍾馗(しょうき)さん を調べてみました。
中国に実在した人物で唐の6代皇帝が病床で鍾馗が鬼退治する夢から覚めると
病気が治っていたという伝説で、おまじない、縁起ものとして江戸時代末より
関東は五月人形として近畿〜東海地域では、鍾馗像を屋根に飾る風習が生まれ
古い建物の屋根に今も残っているとの事。

2eb39c.jpg
 
鍾馗さんの分布図

鬼瓦のように権威を示すというより、生活に密着したところに親しみを覚え、
鍾馗さん探しをしたくなり気に掛けながら京都の町中を歩くと、多くの鍾馗さん
に出会えました。

P1020300.jpg
東山の路地にある、おはぎの人気店
P1020303.jpg
よーく見るとエアコン室外機の横に鎮座しています。
P1020302.jpg

P1020310.jpg
白川沿いの町屋の玄関庇上にもまだ新しい鍾馗像が
P1020314.jpg 

京都駅に戻り西本願寺近くを散策。
P1020195.jpg
こちらも室外機の間に鎮座して家を守っています。
P1020196.jpg
今にも倒れそうで可哀想な鍾馗さんを発見。
1_20140416004134dbf.jpg

待遇が良いのか家の中に入っています。
3.jpg

P1020208.jpg

こちらは留守の様子
P1020191.jpg

P1020183.jpg
刀を下げて物思いに更ける鍾馗像
P1020182.jpg

めずらしくお多福さんの姿も発見
2.jpg

20体ほど発見しましたが、すべて違う姿形をしていて、時代によってなのか
作り手が多く見えたのか、勇ましい武将ではありますが個性豊かで可愛くて、
これからも鍾馗さん探しは続きそうです。





スポンサーサイト

2014.04.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Liv設計工房

Author:Liv設計工房
http://www.liv-sekkei.com
愛知~関西をフィールドに
心地よい住まいづくりの
女性建築士 川口亜稀子
の日々を紹介しています。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード